品薄のニトリル手袋を海外から直輸入
現地工場と直契約!安心の取引を実現します

コロナ禍にるニトリル手袋の品薄が
多くの現場を苦しめている



品薄と言えば一時、マスクでもそうでした。店頭からマスクが消えて確保するのに奔走が必要でした。ただ、マスクは既に十分に供給量が回復し、今や店頭に山済みされていることも珍しくありません。しかもコロナ前同様、安価に販売されています。しかし、ニトリルグローブは、そうならず今も不足感が続いています。衛生資材として触れるモノから身を守る必需品でありながら今も不足するのは何故なのでしょうか。

私どもは、ベトナムの工場と供給契約を締結することで直輸入が可能になりました。
現場の品薄感にお応えすべく全力を尽くしています
ニトリルグローブ資料請求




ニトリル手袋は、今後しばらく供給量が増えない!
その理由とマスクの違いとは



ニトリル手袋は、ほぼ100%輸入に頼っているのが現状
生産国としては、世界の約70%がマレーシアに集中しています。ニトリル手袋の不足は、コロナという世界的に需要が急速に高まったことから日本だけではなく、地球規模で「二トリル手袋の争奪戦」の状況となっています。そのため、品物が不足し、経済の原則で価格も高騰しています。

マスクも輸入に頼っていたはずでは?
マスクとニトリルの違い!マスクの供給が早急に回復できたのは、何といってもその手軽さにあります。製造装置が安価であり、スペースさえあればどこでも製造が可能であったことから増産は簡単で世界的に増産体制が整ったことで一気に不足感が無くなりました。

ニトリル手袋はと言うと、実は簡単ではないのです。まず条件として製造には多量の水を必要とすること。
加えて設備が大規模になり、それを展開できる広さ、そしてそれを支える多額の投資が必要になります。そのため、簡単には増産できないという事情があります。日本でも最大手のメーカーが工場の建設を始めましたが稼働は早くで2023年と言われています。

・ニトリルグローブの供給量は簡単に増やすことができません!
・世界的規模の需要に供給が追い付かず増産も難しいことから今後も不足感は継続すると予想されている

・コロナ禍が収束にしても衛生観念の向上でニトリル手袋の必要度が下がらないため、不足感が継続する

・ニトリル手袋は今だけの緊急対調達けでなく、継続して調達できる道筋を付けておくことが必須

ニトリルグローブお問い合わせ


要警戒!ニトリル手袋に頻発する詐欺にご注意!
海外から調達する際に注意すべきこと



相談に来られた方、複数からお聞きしたことです
ご注意下さい!コンテナ手配は、金額が大きくなるため、油断は本当に禁物。ご相談いただいた契約書も拝見させていただいたのですが、不備など見られない、まともな内容です。もちろん違約条項も記載されていて書面上は安心感ある内容であるだけに悪質です。

つまり、発注前の商談でも不安はなく、契約書にも問題ない。そして、ご相談いただいた全員がブローカーを通しています。けしてすべてのブローカーが悪いわけではなく、一部の不行き届きな方によってこのような事態を招いているのかも知れません。ただ、十分にご注意ください。詐欺などの場合、例えそれを立証できても、お金を全額取り戻すことは非常に困難です。

私どもは海外取引のプロです。海外では、そんな私達も騙そうとしてきます。日本での取引とは違うシビアな交渉や判断が必要です。平和な日本の常識は通用しません。
海外との取引は、経験と実績を有するプロ企業にご依頼されることをおススメします。

ご注意ください!こんな話を聞いています・・・

・対応、書類に共に問題なく契約したが、その後、連絡が取れなくなった
・予定通りと聞かされB/L(船荷証券)を受け取り入金…しかし全てウソ、B/Lはニセモノ。もちろん商品は届かない
・出荷の目途とされていた日を過ぎても出荷されず、再々にわたり延期を繰り返し、連絡が途絶えた
・発注前のサンプルとは、外観も中身も違う商品が届いた
・約束通りに届いたが、使用後のリサイクル商品で売り物にならない
・契約違反で返金を求めたが、相手も「私も騙された・・」と返金に応じない




ニトリル・グローブ


これで解決!実績を積み上げ40年
貿易のプロファッショナルがニトリル手袋を直輸入!
安心してお任せいただけます



私共には、他にない特徴があります!それは現地事情に強いこと!
創業40年。これまで東南アジアの各国とは継続的に取引してまいりました。特徴は、現地のローカル企業に強いことです。貿易はもちろん、各国の内情にも精通し、太いパイプがございます。インドに支店、ベトナムにも営業所、タイには代理店を展開。
フットワークの軽さであらゆソリューションに対応させて頂きます。

今回のニトリル手袋は、海外にほぼ100%依存し、全世界的に必要物資でありながら簡単に増産できない構造的な問題がございます。私共はベトナムの工場を押さえて直接契約致しました。現地、営業所の係員が出荷前のランダム検査も実施。

ニトリル手袋の品薄に乗じた詐欺も横行していますのでどうかご注意ください
ニトリルの取引でご成功をご希望なら、まずは弊社にご相談ください。国内でお受け取りになるまで安心のサポートで貴社様をさせます。ご相談、お見積りは無料ですのご遠慮なくお問い合わせください。

失敗しないために

・世界中でニトリル手袋は不足!あまりに安すぎるモノのはご注意ください
・値引き交渉に簡単に応じるのも心配
・できるだけ直輸入できる会社を選択する
・工場と直接つながっているかが鍵
・ニトリル以外にも貿易を行っているなど経験はあるか
・法人格を持って営業年数が長い企業を選ぶ
・シッピングをどこに依頼しているかも参考になります
・全てが悪い訳ではありませんが初めて依頼するなら個人ブローカーは避けたい

株式会社トウヨウ貿易は安心と信頼の貿易商社です

  1. 創業40年の貿易商社が直輸入
  2. 数々の貿易経験と実務・実績に裏付けられた安心感
  3. ベトナムの工場と直接契約
  4. ベトナム営業所による出荷前、ランダム抜き取り調査を実施
  5. 調査済み、信頼性のあるベトナム工場を厳選し直接契約
  6. 海上運送手配を国内大手の株式会社上組に依頼
  7. FDA,CE、ASTM,、ISOといった品質をクリアした製品
  8. 安心、安全の取引を励行

ニトリルグローブお問い合わせ

直輸入できる会社をご選択してください

ニトリル手袋/詳細

素材 ニトリル製
タイプ パウダーフリー
サイズ SS、S、M、L、LL
カラー ホワイト、ライトブルー
品質 FDA、CE、ISO、ASTM 認証
扱い 衛生資材、衛生雑貨
内容 100枚/箱、(10箱/カートン)/ 300万枚(40fコンテナ)
単位 40fドライコンテナ(優先)、20fコンテナはご相談ください
条件 FOB指定港、 CIF指定港、
リードタイム 20日程度
価格 日々変動しています。お見積もりをご請求ください
OEM 印刷原稿あれば可

※お支払方法、価格は、ご注文内容に従いご相談させていただきます



-

    お問い合わせフォーム 資料請求は簡単です
    お電話でのお問い合わせ




    -

    ※ご入力いただい個人情報は、個人情報保護規定に則り厳重に取り扱い、定められた用途以外には使用いたしません。

    ● お電話でのお問い合わせは「ニトリルの件で」とお申し付けください

     大阪本社    株式会社トウヨウ貿易
    〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町3-1-43
    西本町ソーラービル3階
    Free 0120-125-517
      TEL 06-6575-9085
    FAX 06-6575-9086
     東京支店 〒107-0052 東京都港区赤坂 8-5-6 IPIAS AOYAMA 2階



    株式会社トウヨウ貿易/日本と世界をつなぐ会社です

    Copyright 2021 ニトリル手袋/仕入れ